ビットコインのデメリット 価値とリスク

ビットコインのメリットについては先日書いていますのでこちらを参考にして下さい。

 

メリットをまとめると

・送金が便利

・手数料が低い

・監視が制限がない

 

この3点が大きなメリットでしたね、何といっても手数料に関しては中央銀行も通していないのでクレジットカードなどと比較をした場合に圧倒的に安いです。

 

しかし、もちろんビットコインも含めて仮想通貨は完ぺきではありませんので注意をしてくださいね。では、ビットコインのデメリットについて書いて行きたいと思います。

ビットコインのデメリットは信用と資産価値

ビットコインのデメリットですが、信用と言う点でデメリットしかありませんね。

 

その理由としては、中央銀行などビットコインに関して仲介をしているような立場の会社がありませんので、ブロックチェーンなど画期的なシステムで価値がありました。

 

しかし、目に見えない貨幣であると言う点と、日本円なら日本銀行のようの信用てきる組織が存在をしていないと言う点で逆に不安になる点もあります。特に急に値段が上昇したり暴落したりと価格変動も大きな通貨となっていますのでその点は資産をして問題点(リスク)と言えます。

 

もし価値がなくなると一気に暴落の可能性もありますので投資をしていてもリスクがあると言うことです。

ビットコインのデメリット送金が遅い

もちろん銀行などと比較をした場合には早いのですが、ビットコインの場合は約1時間から数時間はかかる可能性があります。しかし、アルトコインなど他の仮想通貨の場合には数秒で送金が完了すると言う点でビットコインは仮想通貨の中では遅い部類に入りますね。

 

時間は少しかかりますが送金の手段としては優れていますが他にも優れている仮想通過はあると言うことです。

ビットコインのデメリット 管理は自分

これも大きなリスクとなっています。

 

ビットコインは中央銀行などの管理をする会社や組織は一切存在をしません。その代りに、保証もないと言うことです。そのため管理は保存はすべて自分次第と言うことになりますし、ハッキングをされてビットコインと盗まれたり、誤って送金をしてしまっても取り戻すことはできません。

 

例えば、スマホにビットコインのウォレットを入れていたとしても紛失をして盗まれてしまっても誰も保証をしてくれないのであなた自身がしっかりと管理をしなければならないと言うことですね。

 

ビットコインはもちろん今後普及をしていけばとても魅力的なお金と言えます。しかし、リスクもあることを理解しておきましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)