ビットコインのチャートの見方

ビットコインのチャートの見方を紹介します。

 

ビットコインは投資としても利用をすることができますので日々価格が変動をしています。基本的にビットコインで稼ごうと思っているなら1BTCが少しでも安い時に購入をして、高い時に売るという方法を取ればちょっとずつでも利益が出てくることになりますね。

 

しかし、チャートの見方を理解しておかなければ、いつ安くなる?いつ値段があがる?などの状況がわからないのここではチャートの基本的な見方をご紹介します。

ビットコインのチャートはローソク足

ビットコインを理解するためにはローソク足について知っておかなければなりません。

 

この画像を見ていただけるとわかりますが、全体をみるチャートだとわかりにくいですが拡大をすると一つ一つが長方形になっており、上や下から髭が出ているような状態になっています。

 

これを見ればビットコインの価格の動きもわかりやすくなりますのでうまく利用をして下さいね。実はチャートの見方もわからないまま投資をして価格が下がって損をしたという話を聞くこともあります。

 

そのようなリスクを負わないためにもチャートの見方は最低限理解をしておきましょう。

 

ローソク足とは?

ローソク足は仮想通貨の始値から終値までを自体で表しています。

 

このチャートの場合は赤が陰線、緑が陽線といいます。

 

・陽線は始値よりも終値が高い場合

・陰線は始値よりも終値が安い場合

 

その下や上から出ている細い線が挟み込む形となっています。これは、一本線で「ヒゲ」と呼びます。ヒゲを見ればわかりやすくなっていますね。

 

・上ヒゲはローソクから上にでている線

・下ヒゲはローソクから下に出ている線

 

このヒゲの状態とローソクの位置を見ることにより、チャートを見極めることが可能です。一つ一つローソクが単線といい、広く見ることを複合線といいます。

ビットコインのチャートを見て購入

ローソク足について知るだけでも、ビットコインの購入を慎重に行うことができますね。

 

その中でもローソク出来ずに「十」になるようなときがたまにあります。買いたい人と売りたい人のバランスが取れている状態と言えますので、今後相場の転換期が起ると言われています。

 

このチャートの十字線あとは一気に価格が跳ね上がっています。しかし、もちろん逆もありえますので注意をして見てくださいね。

 

チャートをただ見ていてもビットコインで特をすることができませんので毎日コツコツとパターンを読んてみてください。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)