ビットコインが中国で取引停止

ビットコインの価格も一時と比べると一気に価格を上げていき、1BTCあたり50万円を超えていました。

 

しかし、2017年の9月上旬より一気に価格を下げてい状態となっており、35万円前後まで価格を下げていました。

 

その大きな原因は中国のビットコインの取引停止によるものとなっています。

 

中国では一時的にマネーロンダリングで規制があまいといわれていました。

マネーロンダリングとは?

麻薬の取引や脱税、粉飾決算などの犯罪によって手に入れたお金を、お金の出どころや取引をしている人をわかりにくくする方法です。架空または他人名義の金融口座などを利用することにより送金をいろいろなところへすることで犯罪を隠すことです。

ビットコインは世界中で同じ価値を持っており、送金もすべてネット上で行うことでマネーロンダリングが容易にできてしまうというデメリットもありました。

 

そのリスクがあったために、中国ではビットコインの取引などを一時的に規制をしたりすることで対応をしてきたのですが、相変わらず減ることがないため中国当局が仮想通貨のビットコインの規制を強める方針になったようです。

 

「コンプライアンス(法令順守)の義務を履行していくためにも積極的に監督をしている中国当局は協力をしていく」とされており、ビットコインの相場にも大きな影響を及ぼしています。

 

このような理由から中国の大手の取引所である「火幣網」「OKコイン」「BTCチャイナ」の3大取引所も取引も今後は停止になりまうので実質的にすべての取引所が消えることになります。

 

・火幣網→10月いっぱい

 

・OKコイン→10月いっぱい

 

・BTCチャイナ→9月いっぱい

 

人民元とビットコインの交換ができなくなることから中国のビットコイン投資家などには大きな影響が予想をされますので今後の中国の動向に目を向けておく必要がありそうですね。

 

ビットコインの仮想通貨はマネーロンダリングの温床と言われるほど問題になっているため中国人民銀行は今月4日、企業が独自の仮想通貨を発行して資金を集める「ICO」と呼ばれる資金調達手段の即日禁止を発表していますので中国全土で仮想通貨にとっては厳しい状況になっています。

 

中国のビットコインの取引により影響をうけてビットコインの相場は大荒れの状態となっており、10月へ向けて今後はさらに相場の暴落などを引き起こすことになりますので注意が必要ですね。

 

ビットコインへ投資をしている人は十分注意をしておきましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)