ビットコインキャッシュがもらえる

ビットコインが8月1日に分裂をするのでは?とずっと言われていましたが、本当に8月の午後22時頃にビットコインのハードフォークが起こり最終的にビットコインはビットコインとビットコインキャッシュの2つに分裂をしました。

 

そのため8月1日からビットコインは元からあった「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」という2つのビットコインが誕生をしたということになります。

 

単位は、

ビットコイン→BTC

ビットコインキャッシュ→BCC

 

最初から価格も大きくついており、この記事を書いている8月2日の22:30現在で93,696円と高値がついていますが、取引はそこまで積極的ではない印象です。

 

理由としてはビットコインと違い「ほぼ使い物にならない」という理由があり価値が低いため投資家たちもあまり購入を積極的にしていない形となっています。

ビットコインキャッシュをもらえる

実はこの情報に関しては「もらえた」という過去形になります。

 

国内でも最大級のと取引所であるビットフライヤーやコインチェックの場合も声明が書かれており、

分裂をした場合には分岐日において保有をしているビットコインと同様のビットコインキャッシュを付与します。

この文言があるので、ビットコインを持っていれば実質ビットコインチェックは無料で手に入るということになります。

 

例えばビットコインが1BTCあたり30万円で、ビットコインチェックが1BCCあたり5万円だとするとあなたのウォレットはビットコインの両方を持つことになりますので資産は35万円ということになります。

もちろんビットフライヤーは迅速に付与をされており、私もビットコインを少し持っていたのでビットコインキャッシュをもらうことがでみました。

ビットコインチェックの価格

正直そこまで値を上げているとは言えませんが、ほかの仮想通貨と比較をした場合に結構な高値で取引をされている印象があります。

 

そのため、ビットコインは暴落をすると話題になっていましたが最終的にはビットコインがハードフォークにより2種類となっており、1BCCあたりは10万円弱と結構な高値で取引をすることがわかります。

 

今後の価格をしては、ビットコインキャッシュがどこま世の中に浸透をすることができるのかが大きなポイントといえます。

 

ビットコインの価格もビットコインキャッシュに影響をされる可能性が高いため、今後どれくらいの価格になるのか?注目です。

 

価格は中国の購入も大きな差額を生む可能性がありますので、しばらく様子見をします。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)