ビットコインキャッシュの今後と将来性

ビットコインは仮想通貨の中でも最も価格の大きなものとなっており、取引量の世界一となっています。

そこから2017年の8月に分裂をして登場したのがビットコインキャッシュとなっています。

登場をした時はそれなりの価格を付けていたのですが、それ以降は軒並み下がっており3万円あたりがビットコインキャッシュの相場となっていますね。

そんなビットコインキャッシュの将来性について書いていきましょう。

ビットコインキャッシュのスペックは高いけれども

ビットコインキャッシュの将来性についてですが、個人的にはビットコインに相場や価格は引っ張られる感じで上昇をしていますのでありだとは思っています。

そもそもビットコインキャッシュがなぜ登場をしたのかというと、ブロックチェーンの負荷を軽減させるために分裂をしたと言われています。

ビットコインは元はビットコインなので、ビットコインの良いところを引き継ぎつつ、ブロックサイズが8MBと大きいため毎秒約20~90までの取引をすることが可能になります。

ビットコインキャッシュはただのビットコインのコピーと思われ勝ちなのですがビットコインと比較をしても処理速度も圧倒的に早いんですよね。

他にもビットコインよりも優れているポイントはビットコインの場合はリプレイアタックと呼ばれるネットワークへの不正な攻撃に対して対応がなされていませんが、ビットコインキャッシュはすでに対応済みということも大きなメリットといえます。

ビットコインキャッシュはビットコインと比較をしても高いスペックを誇っているのですが、残念ながらまだまだ不安定な要素も強いため現状そのスペックを活かすことができていないという現状もあります。

またマイニングの不安定さがありまますので結果的にビットコインを使っている方が多いということになりますね。

ビットコインキャッシュの今後と将来性

今後のことはあくまでも予測的な見解となりますが、2017年の11月にハードフォークが予定をされており、そこでネットワークの不安定さなどの要因を排除できるのではと予想をされています。

使い勝手も悪い仮想通貨ではないのですが、「ビットコインのコピー」というイメージから脱せないという弱点もありますね。

ハードフォークで確固たる信用を勝ち取ることができれば今後さらに大きな価格になることも予想をされますのでビットコインキャッシュの価格にも注目をしておきたいと思います。

今の内にキャッシングでも利用して購入してみようかな・・・。なんて思っていますがリスクもあるのでやめておきます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)