ビットコインの分裂危機 問題は何なのか?

ビットコインが分裂をする。

 

いわゆるハードフォークの問題が勃発する可能性が高くなっています。

 

問題としては、ビットコインに関して過去2年ほどシステムづくりに重要な役割を果たしてきた複数の専門家集団が、今月末に2つの対立するソフトウエア更新を行う予定があるからです。

 

これによってビットコインは2つに割れる可能性が高まっており、実際に分裂をすることとなった場合には全世界で4兆円以上もの衝撃が走ることとなっており大問題となっています。

 

分裂をすることにより、ビットコインAとビットコインBというようにビットコインが2つになりますので価値もどちらかに傾くことになりますね。

 

イーサリアムが過去に同じようなハードフォーク問題に直面をして今は「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」の2つの存在があることとなります。

 

これにより価値も下がり、どちらも同じ名前を引き継ぐことになったので市場には大打撃を起こすこととなっていましたね。

 

この分裂問題に関してはプロのトレーダーも読めないほど複雑な感じとなっています。

 

ビットコインの分裂に関してはいつなのか?といろいろと憶測が出ていますが早ければ8月1日に一気に分裂が起こる可能性があると言われています。

 

元々なぜこのような話が出たかというと、サイバー攻撃からビットコインを守るため、デジタル台帳であるブロックチェーン上の情報量には上限が設けられています。

 

しかし、仮想通貨の認知度も高まり、仮想通貨の取引が増えることにより処理に時間がかかって手数料もかさむため、決済がスムーズに行かなくなりました。

 

この状態を何とか打開するために行われているのが、ハードフォークというわけになります。

 

この問題によりビットコインは大きくあれる可能性を秘めています。

 

実際には起こるかどうかも不明確な部分は多いですが、可能性としておこる予想がされていますので一時的にビットコインを逃がす可能性も高いですね。

 

8月1日から目が離せないので注目といえます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)