ビットコインをビッグカメラが決済を導入

ビットコインといえば、インターネット上で使うことができる仮想通貨となっていますが日本でもどんどん広がっていくニュースが飛び込んできました。

 

それは大手の家電量販店であるビッグカメラが東京都内の一部店舗でビットコインの決済を導入すると2017年4月に発表をしました。飲食店などで日本では4000店舗がビットコインの決済の導入をしていたのですが小売業では初となる試みとなっています。

 

大手の家電量販店であるビッグカメラが導入をするということは、今後日本ではどんどん普及をしていき最終的には2017年内に26,000店舗まで行くのでは?と言われていますね。まだ、試験的な導入ですがビッグカメラで購入をする人の中には中国や欧州からのお客さんも多いです。

 

実際にビットコインの取引の90%は中国人と言われており、実際に決済として利用をする方も多いので利用をしたい方も多いみたいですね。

ビットコインをビッグカメラで支払う方法

ビットコインをビッグカメラで支払う方法になりますが、基本的にはQRコードを読み取る形となっています。

 

日本ではなじみのない支払いの方法かもしれませんが欧州や中国では普通の支払いの方法となっていますのでスムーズに導入もうまくいくのではないでしょうか?

 

しかし、外国人の利用ばかりに頼っていても仕方がないのでビッグカメラの導入次第で今後はどんどん日本人にも普及をしていくことになるのではないかと思っています。

 

個人的にはビットコインはどんどん普及をしていってほしい側の人間なので試験的なビットコインの導入がうまくいくことを祈るだけですね。

 

今の所はビッグカメラの東京都内の一部の店舗で導入をしますので、気になる方は新宿東口店、有楽町店で導入をしますの利用をして見てはいかがでしょうか??

ビットコイン ビッグカメラの導入の手段

ビッグカメラは国内でも最大手もビットフライヤー(bitflyer)と提携をして決済の方法を導入することとなります。

 

決済の上限金額は10万円となりますが、ビットコインでも同率のポイント還元となりますので現金と同様に利用をすることが可能です。

 

他にもリクルートやメガネの「JINS」、アパレル「ユナイテッドアローズ」なども導入をする予定となりますのであっという間に世間に広がっていく可能性もありますね。

 

ビッグカメラの導入が戦略をしても大きな一歩となりますので電子マネー規模よりも大きな規模になるかもしれません。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)