アルトコインの取り扱いをpoloniexが終了

仮想通貨の中でもアルトコインと呼ばれている種類があります。

 

アルトコイン(オルトコインと呼ばれることもある)はalternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。

 

全世界にアルトコインは500種類もあるとされており、、ライトコイン、ドージコイン、ピアーコイン、日本発祥のモナーコインなどがあります。またコインを価値の交換以外に使われる用途を持ったコインは機能性コインとも呼ばれ、Ether、Augur、Nameコインなどがあります。

 

そのアルトコインの取り扱いに関しては大きなニュースが飛び込んできました。

 

実はアルトコインの取り扱いに関してせ世界でもトップクラスの取引所であるPoloniex(ポロネックス)です。この取引所は人が運営をしてるアルトコイン取引所でサポートも充実をしており24時間以内に返信が来ると話題の仮想通貨取引所ですが、「2017年5月にアルトコイン17種類の取り扱いを終了する」と出てきました。

 

これはTwitterで書き込みをされたもので、その17の通貨に関しては深刻な下落が予想をされますね。

 

終了をするあるとコインはこちらになります。

 

BBR, BITS, C2, CURE, HZ, IOC, MYR, NOBL, NSR, QBK, QORA, QTL, RBY, SDC, UNITY, VOX, XMG

 

中には時価総額が5000万円を超えているもののありますがすでに取り扱いの収量が発表をされていますので間違いなく価格は下落し定期でしょう。

 

5月2日に終了となりますので持っている方は早く対応をしなければなりませんね。

 

ちなみにTwitterで発表したPoloniexに問い合わせが殺到をしているみたいですが、今回の理由も対策についても明確なことは発表をされていないので混乱が続いて行くとされています。

 

アルトコインで投資をした来た人も、今持っている人も対応の追われている状況となっていますがビットコインを購入する人多くなりそうなのでさらにビットコインは価格を上昇させる可能性もありますね。

 

ビットコインにとっては追い風になる可能性も高いアルトコインの取引の終了ですが、仮想通貨全体で見た場合にはどのような影響がでてくるのでしょうか。心配な部分も多いですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)