ビットコインが200万超えで今後どうなっていくのか?

ビットコインは仮想通貨の中でも最も時価総額が多い通貨として人気を集めており、2017年12月8日についに1ビットコインの価格が200万円を超えました。

これで時価総額は1時的ではありますが、30兆円と超えていますね。

ビットコインですが、昨年の今頃は10万円いくか?まだか・・・

そんなラインでの取引となっていたのですが、たったの1年で価値が20倍以上になってきているというのは驚きますね。

今この記事を書いている2017年12月17日現在でも約220万円あたりをうろうろとしていることから、今後さらに価値が上がっていくと予想をされています。

10万円から200万円に上がるまでにはそれなりの期間がかかったのに対して、100万円から200万円へ達するまでかかった期間は約2週間と驚くほどの期間で達成がされていますので今後どうなっていくのか?目が離せないですね。

ビットコインの200万の高騰の理由

もちろん投資をしている人もビットコインになんとなく興味を持っている人も、気になるのは高騰の理由だと思います。

ビットコインの価値が今後も続いていくのかによって大きく異なってくると言われていますね。

高騰をしていくと言われている理由にはいろいろとあるのですが、最近はビットコインのハードフォークビジネスが加速をしているということです。

目には見えない形となりますが、ビットコイン保持者には分裂をするたびにそのコインが手にはいるという仕組みがありますのでビットコインを購入してボーナス的にハードフォークをしたビットコインを手に入れようとたくらんでいる方が多いという理由です。

ビットコイン分裂の噂

12月17日:スーパービットコイン(SBTC)

12月23日:ライトビットコイン(LBTC)

12月23日:ビットコインプラチナム(BTP)

12月25日:ビットコインゴッド(GOD)

12月31日:ビットコインウラニウム(BUM)

1月2日:ビットコインキャッシュプラス

未定:ビットコインシルバー

未定:ビットコインX

※あくまでも予定と予想なので参考程度に思っておいてください。

これが本当ならばビットコインを持っている方はさらに資産を増やすことになりそうですね。

そしてもう1つの理由はビットコインが先物取引などのデイバティブ商品採用が相次いで行われているからですね。

・CBOE(シカゴ・オプション取引所)
ビットコイン先物 2017年12月10日

・米国金融機関CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)

ビットコイン先物 2017年12月18日

・Cantor Fitzgerald & Co.の子会社Cantor Exchange

ビットコインバイナリーオプション取引 2017年12月18日

・Cantor Fitzgerald & Co.
ビットコイン先物 2018年の前期中

・ナスダック証券取引所
ビットコイン先物 2018年の前期中

こんな風に予定も立てられていることから、ビットコインを購入する人が増えていき価値も上がっていくのではないかと予想をされています。

ビットコインの200万円は今後も続くのか?

高騰をしている理由にはビットコインがビジネスとして成り立っており、先物取引で扱われるようになっていることと、ハードフォークビジネスの加速と、ビットコインを持っていることで無料でビットコイン系列を手にする子tができるという点で魅力的となっている点ですね。

可能性としては今後も価値はどんどん上がっていき、2018年中には1000万円まで行くのでは?と予想をしている人もいます。

そこまで価格が上がっていくと仮想通貨としての価値もさらに上がっていくことになりますので目が離せないですね。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)