ビットコインは11月にハードフォークで暴落をする

ビットコインのハードフォークに関しての情報はいろいろと出ていますが、正直なところいろいろな情報がでていますのでわからないことも多いです。

 

しかし、今確実性が高いと言われているのは11月に本当のハードフォークが来るということです。

 

ハードフォークは8月におこりました。

 

その結果ビットコインキャッシュというコインが生まれてビットコインが2つになりました。

 

しかし、ビットコインキャッシュがただ単にビットコインのコピーができただけで本当のハードフォークとしての解決にはなっていませんので11月に分裂が起こる理由や原因について書いていきます。

ビットコインは11月にハードフォークで分裂をする

 

ビットコインはブロックチェーンという仕組みで成り立っていますが、これに書き込みをする容量はすでに決まっています。

 

ブロックサイズは1MBと決まっています。

 

しかし、1MBと決められているために処理速度がその他の決済システムと比べると非常に遅くなっている状況があります。

 

速度としてはクレジットカードの20分の1と以下になってしまうと言われており、現在は大きな問題になっていませんが今後は世界中で取り扱いが進んでいくと処置が追い付かなくなる可能性があります。

 

そこでビットコインを大きくしてしまえばよいのでは?という考えがあるのですが、それだけではビットコインの「誰でも監視をできて利用ができる」メリットがなくなりますのでデータを圧縮していけばよいのではと言われています。

 

そのデータの圧縮方法をSegwitといいます。

 

この方法が成功をすればよりスムーズにビットコインの取引も可能となりますし、ビットコインのチェーンの問題も解決をすることができます。

 

そこでビットコインを拡張させるための方法として「Segwit2x」という名前で呼ばれるようになりました。

 

しかし、それを導入するとなるとかなり複雑な情報が必要となるため簡単にはいかないということです。

ビットコインは11月にハードフォークで暴落をする

この「Segwit2x」の仕組みがスムーズに移行をすることができれば暴落は避けることができると言われています。

 

しかし、そこにはビットコインの開発グループ、大手のマイニンググループなどいろいろな意見や考えがありますので頓挫をしている状況です。

 

ちなみに2017年7月の時点でSegwit2xは86.5%の指示を集めていますので11月のハードフォークはかなり現実的だといえます。

 

うまくいけば暴落はしないで価格を一気に上げていくことになりますのでそれを願いましょう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)