ブロックチェーンとは?仕組みと技術について

ビットコインが安心をして利用をすることが出来る最大の要因はブロックチェーンになります。

 

しかし、ブロックチェーンとはなにかわからない方も多いので出来る限りわかりやすく解説をしていきたいと思います。このブロックチェーンという技術は、お金に関する取引の中で画期的で革新的なシステムとして話題になっています。

 

編み出したのは、ビットコインの生みの親であるナカモトサトシと言う人です。2008年に仮想通貨ビットコインについての発想についてブログで論文発表をしたのが始まりと言われています。しかし、日本人なのか?男性なのか?そんな情報すら全く分からないのですが、ナカモトサトシさんが作ったブロックチェーンというシステムで、今まで不具合が全く行っていないという驚異システムを構築したのです。

銀行の貨幣と仮想通貨の違い

銀行の貨幣と仮想通貨の大きな違いは管理体制にあります。その詳細とブロックチェーンについて書いて行きたいと思います。

 

各国の貨幣の管理体制

銀行の貨幣の場合は個人の情報を中央サーバーという情報網にすべて書き込みをしています。そのため、○○さんが銀行にいくらのお金をもっているかと言うことは簡単にわかります。

 

例えば、Aさん高度な書き込みをする機械をつかって通帳の預金を100万円から1億円に書き換えたとします。見た目も完璧です。しかし、Aさんは通帳を入れたとしても預金は100万円しかないでしょう。

(書き換えは犯罪ですので、だめですよ)

 

これは中央サーバ-という情報網にすべての国民の情報が詰まっており、Aさんは100万円しか銀行にお金をもっていないと言うことがわかるからです。各国の貨幣はこのように管理をされていますので、安全ですし国が認めているので貨幣としての価値があります。

 

各国の中央サーバーは書き込みや、改ざん、侵入ができないように強固なセキュリティと対策を行っています。これには巨額なお金が動いていますので、その分が銀行の手数料や振込金などに影響をしています。

仮想通貨の管理体制

貨幣の管理はほぼ完璧です。その代り驚くようなコストがかかるという問題も出てきます。

 

そのため、ビットコインなどの仮想通貨は全く違った方法で管理をする技術があります。それが「ブロックチェーン」です。まず仮想通貨には中央サーバーがありません。セキュリティを高めて行こうという考えをしていないからです。

 

顧客の情報はすべてインターネット上にいる状態。つまり、不特定多数の人のコンピューターに分散をさせ共有をするという方法を取っています。

 

この方法をブロックチェーン(分散型台帳技術)と言われています。

 

イメージとしては、いつ、誰が、どのようの取引をしたのか、誰がいくらビットコインをもっているのかなどを記載されている情報がすべてビットコインにかかわっている人が共有をしていると言うことです。

 

例えば、Bさんと言う人が5BTCしかもっていなかった情報を50BTCに書き換えたとしましょう。しかし、ビットコインをネット上で改ざんをしたとしても他のビットコインにかかわっている人たちのBさんの通帳は5BTCしかもっていないと言うことになりますし、Bさんがビットコインを増やした取引の記載もありません。

 

そのため、Bさんは改ざんをしたということになります。改ざんを完璧にしようと思っているなら、ビットコインにかかわっている人すべての台帳を改ざんしなければなりませんので実質上不可能と言うことになります。

 

つまり、この方法を使うことで銀行の貨幣とは逆の発想でセキュリティを高めたのです。しかし銀行のように巨額のお金を投じて強度なセキュリティを必要としません。そのため、手数料などが銀行の通貨と比較をしても圧倒的に低く出来るのです。

 

このブロックチェーンが革新的なセキュリティの導入として注目をされており、ほかの仮想通貨も同じようにブロックチェーンという技術を導入しています。

 

金融業界でもブロックチェーンの仕組みを導入して新たな仮想通貨を作る動きもあるほどですね。ビットコインを扱うためにはこのブロックチェーンの仕組みを理解しておくことは必須となります。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)